当院は、3大成人病、すなわち消化器などの癌疾患、脳卒中などの脳疾患、 心筋梗塞などの心疾患に対する根本的な治療を目的として、平成2年から地域 医療に日夜邁進してまいりました。
 今日まで頑張って来られたのは、ひとえに地域住民の皆様のご支援のおかげであると感謝しております。
 当院はその後、救急、労災、生活保護、その他の指定を受けて平成15年4月より、休日輪番制病院としての責務も果たしております。
 尚、当院では高性能な医療機器を数多く導入しており、特に最新鋭のマルチスライスCTは、短時間で細かく広範囲のボリュームデータ(スキャン)を得ることができ、3DCTアンギオやMPR(多断面変換)の再構成画像によって脳血管や大動脈をはじめとする循環器系、消化器系などの多岐にわたる局所解剖の把握と病巣に対する的確な評価を実現しております。
 今後、ますます地域の皆様に信頼される治療を目指した病院として、職員一同より一層努力致しますので、これからも当院をよろしくお願い申し上げます。

保谷厚生病院 院長 高原 明

病院の理念

患者様の視点に立った医療サービスの提供

基本方針

  1. 地域の人の求める医療
  2. 時代が求める医療
  3. 人に優しい医療
  4. 合理的な医療

患者様の権利

  1. 安全かつ有効な治療を受ける権利
  2. 診断・治療・ 予後について納得できるまで十分な説明を受ける権利
  3. 治療方法について十分理解した上で、決定・選択できる権利
  4. 治療上における個人のプライバシーが守られる権利
  5. 個人の人格、意志や立場が尊重される権利

患者様の責務

医療は患者様と医療者との共同作業であることを理解協力する責務